0と1の向こう

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
僕の番になった。ヒントは333メートルの電波塔。
誰でもわかる、東京だ。
「Tak〜、誰でもわかるぞ〜(笑)」
「ごめん、何かすぐわかるのとかしか思いつかなかった(笑)」
「私も同じ地域です〜。」
綾姫さんがそう言った。
「そうなんだ〜、同じ地域に住んでる人って、ここでは珍しいね。」
「そうですね、結構地域バラバラでしたね。」
「もっと東京に居る人は多いと思ってた(笑)」
「確かに〜(笑)」
そして夜は更けていき徐々に人が居なくなっていった。
話は大盛り上がりだった。
何故か絶対に住んでいる場所を言わない人が居た。
気付くと僕と綾姫さんの2人だけになっていた。
時計を見ると、いつもそろそろ布団に入る時間だった。
落ちようかなとも思ったけど、折角2人になった事だし、少し話でもしてみようかなと思った。
とは思ったものの、何から話していいか悩んでしまう。
いつもは良くしゃべる仲間達がしゃべり始めるので、それに乗って一緒にその話題について話し合うというスタイルを取っていたので、いざ自分から何か話そうとすると、以外に話題が思いつかなかったりする。
「何を話していいのやら…。」
僕は呟いた。
そう言えば住んでいる地域が一緒だってさっきわかったから、その話でもしてみようかな。
オンラインでは現実(リアル)生活に触れるのを嫌がる人もいるけど、自分の住んでいる地域を自分から言うくらいだから平気だろう。
「そういえば、綾姫さんは東京のどこに住んでいるの?」
思わず打ち込んだのだが、ちょっと気軽過ぎたかなと思った。
「えーと、どこでしょう。(笑)」
しまった、はぐらかされた。
いきなり住所を聞き出そうとしてると思われたか。
「あっ、ごめんね…。詮索とかじゃなくて、さっきの話の続きと言うか、何と言うか…。」
聞き苦しい言い訳か。
失敗したなぁと思いながら、僕はボリボリと頭を掻いた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル