0と1の向こう

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「は〜、今日もあの講義のレポート提出だよ。ほんとレポート好きな教師なんだよね。」
「私の行っている大学も、レポート好きな教師が居ますよ。」
「え、大学生なんだ。」
「あ、そうです。大学生です。」
僕は冗談で、自分が講義を受けているその講師の名前を挙げてみた。
「まさかその教師の名前って、経済の吉田って言わないよね?(笑)」
「え、もしかして、あの口癖が『ここね、ここね。』って言う吉田先生じゃないですよね?」
「えー!そいつだよ、ここねここねって言いながら、チョークで黒板をカツカツ叩く!」
「すごい偶然…大学と学科まで同じなんて、あるんですね〜。」
僕はこの偶然にとても驚いた。
何か運命めいたものを感じた。
同じ講義を受けている人の中で思い当たるフシがあった。
僕はそわそわした。
いつも講義は一人で受けていたし、すぐに家に帰ってしまうので、サークル活動はおろか飲み会などにもあまり参加していないから、同じ教壇に居ても顔が思い浮かばない。
「ほんとすごい偶然だね〜、こんな事もあるんだ。」
何だか急に親近感が沸いてくる。
明日から講義に出たら周りを見渡してみようかななんて思い始めたりしていた。
それから少しして、レポートの提出があったのでチャットから落ちてレポートを作成した。
朝になる前にレポートが終わり、大学の講義へと向かった。
今日は例の吉田先生の授業で、その為のレポートを作成していた訳だ。
「提出期間が短すぎるんだよな…。」
ボヤきながら教室に入り、ふと昨日の事を思い出して教師が来る前にぐるりと周りを見渡した。
男女比は等分くらいだろうか。
ハンドルネームとしゃべり方から察するに女性っぽいが、ネットの中で女を演じる『ネカマ』の可能性もある。
僕のTakと言うハンドルは、僕の本名を知っていれば容易に想像出来る範囲だろう。
一応女性を中心に見渡した感じ、僕の好みの顔が数名。ちょっと趣味じゃないなって言うのも数名。
「女の子だったら良いなぁ…。」
僕は頭の中でそんな事を思いながら、授業を受けていた。
何かアクションを起こしてくる人は居ないかと注意していた僕は結局手掛かりは得られないまま授業は終わり家に帰った。
----------------
<< <[*] 3 4 5 6 7 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル