0と1の向こう

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
授業が始まるまでに10分あった。
僕はテキストや筆記用具を出して少しだけ予習をしながら待った。
いつもならそんな事はしないのだが、もちろん気を紛らわす為だ。
と言いつつも時計が気になって仕方が無い。
授業開始まで5分を切った。
その時、真横に人の気配がした。
が、まだ視線はやらない。
僕の横の椅子にかけた。
そして僕の耳元で、
「Takさんですか?」
と女性の声が尋ねてきた。
僕はドキンとしてその声の主を見た。
見ると、クラスでは結構地味系の子で、黒髪を後ろで2つに縛って、眼鏡をかけた余り目立たない感じの女性だった。
「こ、こんにちわ…。」
ぎこちない挨拶をしてしまった。
「始めまして、じゃないかもしれませんけど、綾姫です。」
綾姫さんはぺこりとお辞儀をした。
「いつもお世話になっております。」
「いえいえ、こちらこそ。」
そして訳の判らない日本人特有の挨拶をぺこぺこ交わしていると、授業の開始のベルが鳴った。
僕らはあえて離れた席に座った。
授業を抜け出して中庭へと向かった。
隣同士にかけて授業を受ける。
思ったより地味な子だったので、必要以上に緊張はしないで済んだ。
良く良く考えてみれば、パソコンとかインターネットに興味がある人で、そんなに外でバリバリ遊んでる感じの子な訳が無いのかなぁとも思っていた。
どっちかと言えば、オタクだったり、根暗だったりするイメージの方が先行してしまう。
僕はちらりと綾姫さんの方を見た。
真面目に授業を聞いているようだ。
良く見ても地味だ。
僕が見ている事に気付いたのか、綾姫さんはこっちに視線を移してにこっと笑った。
僕はちょっとドキっとして、気まずそうにテキストへ視線を移した。
そうしているうちに授業が終わった。
----------------
<< <[*] 6 7 8 9 10 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル