親娘2

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
詢子は「ア〜ン、ア〜ン、いい」声を出した、
「一美に聞こえるぞ」風呂場なので響いている
「ア〜ン、構わない、ア〜ン、今日は、ア〜ン、聞こえても構わない」声を上げて言った。
「詢子は好きだな」ピストン運動を早めた、
「これは保健体育の勉強って言う」
「一美はまだ子供だから見られてもごまかせる」詢子は言い切った。
「誰が教えるだよ」
「その時はトシが教えるの私の体を使って」
「だから一美に聞こえても構わない」詢子は言いながら逝った。
[一美にセックスを教えた事を詢子は知らない]俺は「なら一美の勉強の為邪魔な毛を剃るか」詢子の陰毛にシェバークリームを塗った。
「そこまでしなくて平気、一美も生えているのよ」
[俺は知っていたし剃っている]俺は「そうなのか、一美に陰毛が」
「そーよでもまだ胸が無いのよ私はCカップあったのに」
「俺が揉む?詢子も揉んで大きくなっただろ」詢子は笑いながら
「良いかも、一美が揉ませてくれたらね」
「本当に一美の胸を揉むぞ」
「私は良いのよそれ位、娘にしても嫌いにならない」詢子と風呂から上がり部屋でまたセックスをした。
翌日、俺は詢子のオッパイを揉んでいる所を見せ「オッパイが大きくなるからダメ」言わせた。
一美には「しばらく詢子との行為を見ろ」言ってあるので一美も黙って見ている。
詢子は「こんな事してもダメじゃ無いの」「一美も気になって見ているから近い内に揉んでみせる」
「トシ、娘の胸を本当に揉むの」
「お前が許しだろ」
「そうだけど」
「見てろ」
詢子は仕事に行った。俺は一美の部屋に行き裸になり一美も黙って裸になった。セックスを始めて
「夕飯食べ終わって寛いでいる時に『私も揉んで大きくして』言え」
「はい、ママの前で揉んでくれるのですね、嬉しい」
「一美のオッパイを揉む所を見せるだよ」セックスを夕方までし続けた。詢子が帰って来て一美の前で俺はまたオッパイを揉み詢子は一美に言う様に「オッパイが大きくなるからダメ」言った。
夕飯を食べ終わって、寛いでいる時に一美を見た、一美は俺の所に来て詢子に聞こえる声で「私も揉んで大きくして」言った。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル