ダイエット

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ふんっ!ふんっ!」
汗が飛び散り、呼吸が荒くなる。
動きの回数を重ねる毎に息がどんどん荒くなっていき、動きも激しくなる。
「はぁはぁ…まだまだ!!」
武は休む様子も無く、激しい動きを続けた。
「…まだやるの…?」
「当たり前だ…っつ、目標回数までは…絶対やる…ふんっ!」
「はぁ…見てるだけで疲れてくるよ…。」
千鶴は先ほどから必死に繰り返している腹筋運動を見ながらため息をついた。
「そんなに悔しかったの?」
武は腹筋運動を続けながら、
「当たり前だ…ふんっ!柏木先輩に…ふんっ!デブなんて言われて…ふんっ!このままで居られるか…ふんっ!」
苦しそうに腹筋を続ける武を見て、千鶴はまたため息をついた。
「柏木先輩、柏木先輩って…、あんた私という可愛い彼女が有りながら…。」
千鶴は武を睨み付けるように見たが、
「ふんっ!ふんっ!」
武は千鶴の言葉など耳に入っていないように腹筋運動をやり続けた。
「ね〜、武〜。私暇〜〜。」
「ふんっ!ふんっ!」
「暇〜〜〜〜〜〜……。」
「ふんっ!ふんっ!」
全然耳に言葉が入っていないらしく、黙々と腹筋運動は続いた。
と思った矢先に武が運動を止めた。
「もう終わったの?何かして遊ぼうよ〜。」
「千鶴、暇だったら足押えてくんな?さっきから浮いててやりにくくて…。」
「……こいつは……。」
千鶴は渋々武の足を押えた。
「もういい。遊んでくれないから一人で遊ぶ。」
千鶴は武のジャージに手をかけて一気にズボンをずり下げた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル