変わったプレイ

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
とても他の人に見せられない状態にした。
『そこまでしてくれたら…いっぱい気持ち良くしてね』
と彼女はバランスを取りながらも目をつぶった。
僕は最初、彼女の胸を触り、次に乳首をいじる。
『うん…あァ…あァん』
と彼女が喘ぐ。
今度は彼女のま○こに指を出し入れさせた。
『あァん…!!ハァハァ…あァァん、そんな事しちゃ…いくぅぅ!!』
と車内にもかかわらず、彼女は絶頂を迎えて潮をふいた。
彼女のま○こから愛液が流れ落ちていた。
『ハァハァ…何か…地下鉄でHするの、ハマったかも』
と彼女は言った。
『オレも…何かイイね』
とお互い、地下鉄でのHにハマった。
『あともうちょっとで降りなきゃいけないから、最後に…』
と、彼女は僕をイスに座らせた。
そしてズボンのチャックを開け、僕のあそこを手で取りだし、フェラを始めた。
僕は精子を溜めるのが上手く、そう簡単には射精はしないが、彼女はなかなかフェラが上手かった。
すると彼女が、
『出してくれないなら、あたしのなめて欲しいな♪』
と可愛いく言い、今度は彼女がイスに座った。
僕は彼女の脚を広げ、一気に彼女のま○こに顔を当て、クンニをする。
『んッ…あァ、ハァ…あァァん』
と彼女はまだ感じてるようだ。
ある程度彼女のま○こをなめると、
『気持ち良くなったから…じゃあ最後の最後に…襲っちゃお♪』
と彼女がいたずらそうに笑い、僕をイスに座らせ、あそこをまた取り出した。
そして彼女は僕のヒザの上にまたがり、彼女自身から挿入し始めた。
----------------
<< <[*] 3 4 5 6 7 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル