変わったプレイ

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
『マジか…これこそホント見られたら終わりでしょ…』
と僕は感んじながらも言うと、
『大丈夫だって…あとはもう人乗って来ないから』
と言い、腰を動かし始めた。
そして僕も腰を動かす。
車内に二人の喘ぎ声が響く。
『ハァ…ハァハァ』
僕たちはイクちょっと手前で、彼女は急に挿入してたのをやめ、立上がりてすりにつかまって、僕におしりを向けた。
『バックでイきたい…』
そう言うと、僕はためらわずまた挿入した。
『あァァん!!あァ…!!いく…いっちゃう…!!』
と彼女は二度目の絶頂。
僕も彼女に中出しした。
『あァ…精子がこんなに…ホント気持ち良かったァ♪これからもたまには地下鉄Hしようね』
と新しいHを覚えた二人であった。
そして朝もたまに周りにばれないように、彼女とHするようにもなった。
人が混むと同時に、僕は彼女の下半
身を触りまくる。
『朝なのに、こんな濡れてるね…ちょっと垂れてるじゃん♪すごいよ』
と僕は彼女の耳元で囁くと、
『んんッ…ハァ…だって気持ち良すぎなんだもん…ヤバイよォ…あァァん…』
と彼女は周りにばれないように喘いだ。
彼女のま○こから脚をつたって愛液が垂れる。
そして僕は、混雑した地下鉄の中で彼女のま○こを指で激しく責めた。すると
『んんッ…ダメ…!!あッ…!!』
と必死に喘ぎ声を出さないよう我慢していた。
----------------
<< <[*] 3 4 5 6 7 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル