アルバイトI

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺はズボンを脱ぎ、また勃起したチンコを出すと、唯は直ぐにチンコを加えはじめた。
「ちょっと待って、そのままだと、服が汚れちゃうから」
「じゃぁ〜、裸にならないと」
「やり方が有るの!タオルを貸して」
唯はキティーちゃんの絵柄のタオルを出して俺に渡した。
俺はベッドに寝そべり、そのタオルを腰の下に引き
「唯ちゃんお兄さんの上に跨って」
唯は素直に跨ったが、顔を向き合う形で、跨った。
「向きが逆だよ、チンコを舐めるだから、チンコの方を向いて、うつ伏せになって舐めるだよ!」
「舐める?」
「本の写真は、舐めているんだよ」
唯は言われた通りに俺の上にうつ伏せになってチンコを咥えた。
唯は俺にマンコを見せているのに気付かずに、ビニ本の見た通りに咥え続けた。
俺はもっと小学生のマンコを見たくて、スカートを巻くり、マンコを指で広げた。
唯はチンコを離して「これだけなの?」「違うよ、写真を何枚か見てご覧」
唯は寝そべったままビニ本を見た
「口一杯に入っているのや、先だけ加えた、写真が有るだろ」
「うん、有る。」
「それを何度も繰り返すだよ」
「わかった!」
唯はまた咥えて、頭を前後に、動かして言われた通りに先から根元まで、何度も繰り返した。
俺は唯のマンコを眺めながら指でマンコの周りをなぞったり、広げていた。
唯は5分位、舐め続けて、動きが止まったので
「今度はお兄さんに舐めさせて」
言って俺は唯をずり上げて、マンコを舐め始めた。
唯はフェラに疲れたのか、分からないがマンコを舐められている事に何も言わないので、小学生のマンコを舐め続けた。
俺は10分位舐め続けていると、室内電話が鳴り、唯は飛び起きて電話に出た。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル