アルバイトII

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ママはこれからこの人と大切なお話しが有るの」
「ママがお兄ちゃんと何をしようとしてるのか、知ってるもん!それに、今日、私もして貰ったもん」唯は裸になった。
俺は会社を首に成る事を決心したが、彼女は酔っ払っていた事もあり
「なら、3人で、しましょう」
彼女も脱ぎ、俺のバスローブを脱がし裸にして、彼女は娘の前でセックスをねだって来た。
俺は彼女とキスをして体中を舐め廻すと「入れて、早く、入れて、彼女は俺の上に跨り、自分で入れた。
腰を振り出すと喘ぎ声を出し、止めると
「もっと、もっとして」
「続きは、ベッドでしよ」
俺は入れたまま抱いて立ち上がると
「昨日の部屋でしましょ」
俺は唯を抱き寄せて、部屋に向かった。
部屋のドアを開けると布団が昨日のまま敷いてあり、俺は布団に腰を落として、彼女そのまま寝かし、足を抱え込んで、正常位で始めた。
俺は限界が近付き、腰を早く振ると
「出すのね!中にちょうだい」
俺は中に出して抜き、唯を抱くと
「また、してくれるの、お兄ちゃん」
「まだ、痛いよ」
「ウン、我慢する。また、写真みたいにして」
俺は唯を舐め廻してから、入れると唯はやはり痛がり、中に出して抜くと、血と精子が出て来て、唯はまた気絶した。
萎えたが、俺は彼女を抱き
「舐めて、復活させて」
と言って、血の付いたチンコを舐めさせた。
彼女は娘の血の付いたチンコを美味しそうに舐めて、勃起しても、舐め続けて、俺は限界に来て、口の中に出した。
彼女は飲み込み、俺は半立ちになったが、入れてやり、腰を振ると、彼女は喜び、喘ぎ声を出した。
俺は彼女の中で復活して勃起したが、続けて、三回も出したので、俺は余裕が出来て、ピストン運動を続けて居ると、彼女はイったが、俺は続けて、ピストン運動を続けて、四度目の限界が近付き、ピストン運動を早めて中に出すのと、同時に彼女は潮を噴いてイった。
俺達はそのまま寝てしまい、朝方、彼女が起きて、娘が隣でマンコから血と精子を出しながら、寝てる姿を見て、俺を起こし
「何で娘が居るの?それに…」
彼女は昨日の事を覚えて無いみたいで、俺は彼女を騙して
「昨日、君が娘の前で裸になって、俺と娘ををこの部屋に連れ込んで、娘にも教えてあげてって、俺に繰れたじゃないか」
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル