アルバイトII

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「私、そんな事をしてしまったの」
彼女は愕然としながら時計を見て
「4時なら、まだ主人は寝てるわね、私は部屋に戻るから、娘を部屋に連れて行って寝かして」
「精子臭いその体じゃ、バレるよ」
「多分、大丈夫、主人は朝は鼻が詰まっているし、香水も掛けておくから」
彼女は言うと部屋から出て行った。
俺は唯を部屋に連れて行き裸のまま寝かして俺は、自分の服を持って部屋に戻って寝た。朝、起きて、服を着て食卓に行くと、上司はもう、朝ご飯を食べている最中で、「また泊まったのかね、そう言えば、帰りが遅かったもんなぁ。君には、悪い事をしたね」
上司には、バレずに、俺も何も無かったように、朝食を食べて、一緒に会社に行った。
夕方、俺と上司は一緒に帰り、俺は娘の部屋に入り、勉強を教えた。
「今日はしてくれないの」
「お父さんも居るし、最中にお母さんが入って来たら大変だから」
「ママは、大丈夫でしょ」
「お母さんは、大丈夫だと、思うけど、勉強してる姿もちゃんと見せないと」
「ウン、分かった」唯は真面目に勉強をして、息詰まった所を教えてやり、奥さんがコーヒーを持って来て、俺達は一息ついてまた勉強をした。
その日は、部屋では、何もせずに、電話が鳴り俺達は食卓に行った。
食卓に行くと、上司は居ずに、寝室の方から奥さんを呼ぶ声が聞こえて、奥さんが寝室に入って行き何やらやって居た。
二人が食卓に来て席に座り、
「何か、遭ったのですか?」
「言って無かったけ、明日から出張だよ」
「俺、聞いて無いですよ」
「そうだったか、でも一週間だから、君は何時も通り会社が終わったら家に来て娘に勉強を教えてやってくれ」
そう言って夕食を食べ出した。

つづく
[蟻箸]
この作品の著作権は「蟻」さんのものです。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル