お風呂場で

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
『あァ…!!ハァ…出ちゃった…』
僕は彼女の口に出してしまった。
『うわ〜、出ちゃったね♪そんなに気持ち良かったァ??』
と嬉しそうに僕に聞くと、
『うん。かなり上手くなってるから、ちょっとびっくりした。気持ち良かったケド』
と素直に彼女を誉めると、
『あッ、めずらしい!!いっつも強がってウソばっか言うのに!!』
と彼女が驚く。
『こんな気持ち良くなったら、夜やんなくてイイんじゃない??』
とつい言ってしまうと、
『えッ…さっき夜もしてくれるって言ったじゃん…』
と彼女は一気に落ち込んだ。
『あッ…ウソだって!!ちゃんと夜もするよ!!冗談だって』
と焦りながら僕がそう言うと、
『ホントぉ…??』
と彼女は上目遣いで聞いてくる。
僕は元々、彼女に弱い為、彼女が落ち込んだ顔をすると、すぐに自分の言った事を撤回するクセがあった。
『ほら、さっきはオレが立ったから、次はオレがやる番だよね』
と言うと、彼女を立たせ、彼女の脚を軽く開かせ彼女の股の下に潜り込み、ま○こをいじる。
そしてそのままクンニを始めた。
『あッ…あァ…あァァん…気持ち良い…』
と彼女は感じている。
お風呂場は、ま○こをなめるたびにくちゅA出る音と、彼女の喘ぎ声で響き渡る。
『イヤっ…あァ…またイっちゃうぅ…あァん…!!』
と彼女が言った瞬間に、彼女は二度目の絶頂。
彼女は僕の顔に潮をふいた。
『ありがとォ…いっぱい気持ち良くなったから、ご褒美してあげる♪』
と彼女がご褒美に、僕の背中にま○こを擦りつけてきた。なんとも言えない最高の感触。そして肩から首にかけてま○こを擦りつける。
そして最後は、僕の顔にま○こを当ててきた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル