途中まで…

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
『じゃあ今から、喋っちゃダメだからね』
と僕はそう言うと、彼女にキスをした。
僕は自分のあそこを彼女のま○こに当てたまま、激しくキスをした。
すると、お互い下半身が動き出す。
だんAお互い夢中になって腰を動かし始める。
お互い下半身の服は着てるが、僕たちにはこれだけで十分気持ち良かった。
お互い激しく服の上から擦りつけ合うと、キスをするのも忘れて、ただ夢中になって腰を動かす。
彼女の方が感じやすく、
『ハァハァハァ…あぁん…うんっ…ハァ…あぁ』
と彼女はひたすら喘ぐ。
僕は彼女の耳元に口を置き、
『ハァハァ…んっ…ハァ』
と声を出す。
彼女は耳元で感じてる声を出されるのが弱く、
『イヤァん…あァんッ…ハァハァ…ヤバイよォ…あんッ、そんな事されたら…もっと体動いちゃうぅ』
と絶頂寸前。
『ハァハァ…だって耳元弱いの分かってるから…つい』
と僕は彼女の弱点を責め続ける。
だが、
『あぁ…!!ハァハァ…精子出ちゃった』
いつもこれをすると、彼女より早く僕の方がイってしまう。
僕は自分のパンツの中で出してしまった。パンツに精子がつき、イヤな感触だった。
『やったァ♪また勝ったァ』
と彼女は嬉しそうに笑う。
お互い横になり、ちょっと休憩。
そして僕は彼女の体を起こし、座ったままキスをしながら、また彼女の体を服の上から撫で回す。
『それだけなのぉ…??』
と彼女が軽く挑発ぎみに言うと、僕はキスをしながら彼女を床に押し倒すと、
『あっ、襲われちゃう♪』
と嬉しそうに彼女が言うと、
『可愛いから襲いたくなるんだよ…』
と僕は服の上から胸を揉んだ。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル