温泉の縁1

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ダメ、許して、アン、許して、アン、アン、モウ、アン、ダメ、マタ、モウ、ダメ、許して、」
振りを早めて俺が中に出すのと一緒に彼女は2度イった、
「ゴメンネ気持ち良くて中に」
言ってキスをした
「いいの、私も2度もイったからあなたお強いのね」
キスを交わした。
彼女は俺の部屋で寝てしまった。
俺も彼女を抱き寝た。
翌朝シャワーの音で起き露天に入ると彼女が胸だけ腕で隠し入って来た
「昨日は凄かったあんなの初めて」
キスをして俺の前に座り、俺は何も言わず、胸を揉み、舐めた彼女は寝そべる様になり片手を伸ばしパイパンを撫でてマンコに指を入れた
「アン、アン、…」
声を出して指でイった。
俺達が体を拭き、2回戦をしようと裸で脱衣場から布団の引いて有る部屋に移行とした時チャイムが鳴った。
「開いているから勝手に入って」
女中さんが朝食を持って来た。
女中さんは俺達の裸姿を見て
「お盛んですね。コンパニオンも替えて居るなんて」
俺は腰にタオルを巻き彼女は体を隠して布団の有る隣の部屋に入った。
俺は女中さんに色代を渡し
「コンパニオンは黙ってて、あともう一膳お願い」
「わかりました。黙ってて上げます。あんまり派手にしないで下さいね、私の、目のやり場に困りますから」
部屋を出た。
俺は下を見るとタオルが落ちていた、部屋に行くと彼女は浴衣を着ていた
「部屋に戻ります」
と言ったが俺は手を取り
「君の分も頼んだから食べていきなよ」
と言って浴衣を着た。
チャイムが鳴り、女中さんが持って来た。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル