温泉の縁2

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺は彼女の腰に手を当てがい、最初は手を上で組み合い、オッパイが上下に動き、自分でオッパイを揉み出したので
「気持ちいいよ、オッパイが上下に動く姿をもう一度見せて」
彼女は揉むのを止めて、俺の手を掴んだ。彼女は最初は仰け反り、次第に倒れてきてオッパイが体が付いた所で支えた
「イイ、感じる、オッパイも、オマンコも、感じる、アン、アン、ダメ、イく、イく、イッちゃう、アア〜」
腰振りが終わると同時に出した。
「熱いのが、アア〜注がれる」
しばらくそのまま休むと
「今日はいっぱい、あなたのが、中に注がれちゃった」
「まずかったかな」
「ううん、大丈夫、あなたが出したいなら中に出して、昼間の女には出来なかったでし
ょう」
「そうだな」
「私、処女じゃ無いけど、まだ、処女の処も有るから、あなたが欲しいならあげる」
「避妊処理をしている君は好きだよ」
「何にもして無いよ、前の彼は必ずゴムして出すと直ぐ抜いたから、あなたに、中に出されて、精子の暖かかいのを知り、何よりあなたが喜ぶから」
俺は唖然としたが彼女とは、付き合っている訳じゃないから俺達はまたセックスをして抱き合い寝た。
朝彼女がシャワーを浴びてから、俺と一緒に露天に入た。
彼女の体を舐めていると
「今日は何処に行く」
「俺は処女の子が感じたい言うから、会う事になっている」
「私も行く、ついて行く、その女に文句言ってやる」
「俺の彼女気取り、なら連れて行かない」
「そんな事しないから、ただその子を見て観たいの」
俺達は風呂から上がり浴衣を着るとチャイムが鳴り女中さんがお膳を並べた。
「いつもの女中さんは」
「はい、なんでも、真剣な顔をして大切な用事が有るから休ませてくれと、今は花期入れ時じゃないから許したんですよ。普段よくやってくれるから」
女中さんが戻った。
俺達は朝食を食べ、布団に行き
「本当に付いて来るの?」
彼女は頷いた。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル