仲直り

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
高校3年になるちょっと前に、僕は1年以上付き合った彼女と別れた。
フラれたようなものだった。
彼女は他に好きな人が出来て、僕に対して気持ちが冷めてしまったらしい。
僕は、彼女がなんとなく付き合いを続けてけるような感じじゃないのを分かっていた。
理由を詳しく聞けないまま別れた為、僕にはわだかまりが残り、1週間後、元カノになった彼女にメールをして、詳しい事情を聞いた。
そして本当の事を知り、最初はその事実を受け入れようと努力したが、やはり出来ず、彼女とよりを戻そうとした。
でも無理だった。
彼女は別れた途端に、人が変わったように見えた。
それから1ヶ月くらいたって、やっと諦めがついた。
そして僕は、彼女のいない生活を送るのだった。
高3になり、進路の為にいろいろと準備をし始めて3ヶ月がたち、7月になった。
僕は元カノと去年の7月に付き合い始めた。
そして僕は7月に入ってから、なぜか1日1日元カノを想うようになっていた。
そして7月の付き合う事になった日、いわゆる記念日になった日に、僕は元カノに会いたいが為に、元カノの家まで行く事を決心した。
その日はすごい雨の降る日だった。
僕が家を出た時は雨は降ってなかったが、何分かすると降り始め、どしゃぶりとなった。
傘を持たず、僕は雨に打たれながらも元カノの家に向かった。
元カノの家に着いた時には、服はずぶ濡れになっていた。
玄関のチャイムを鳴らすが、誰も出ない。
仕方なく、玄関の前で雨がすごい降ってるなか、僕は元カノが帰って来るのを待っていた。そして数十分たつと、やっと元カノが帰って来た。
『ちょっ…何やってるの!?傘も持たないで…どうしたの!?』
と彼女は驚きながら僕に言うと、僕は寒さに体を震わせながら、
『……会いたかったから。今日は付き合ってたら、大事な日じゃん』
と彼女に言うと、
『あッ…記念日だね…』
と彼女は思い出したように言った。
『あの…とにかくさッ!!家入りなよ!!家で暖まってってイイから』
と彼女が家に入れてくれた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル