ご主人様

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私は別にレズじゃない。
ただ、好きになった人が女の子だっただけ‥‥
「あーいちゃん、おっはよぉ〜チュー」
「きゃぁっ!くすぐったいよぉ」
彩がふざけて私のほっぺにキスしてきた。
それだけで私はドキドキしてしまう。
「仕返しぃ」
「きゃぁ〜」
なんて言って彩のわき腹をくすぐる私‥‥本当は胸を触りたい。
彩は高校からの友達。
私は小さくて可愛らしくていつも元気な彩のことが友達としてではなく、恋愛対象として好きだ。
同性なのに‥‥
告白なんてできるはずもなく、彩に恋してもぅ三年もたつ。
彼氏を作って自分の気持ちを誤魔化してみても彩への思いが強くなるだけだった
「あっ、明日愛ちゃん暇?彩んちで飲まない?」
「えっ?!」
「あっ、バイトとかある?」
「ないよぉ。二人で飲むの?」
「う〜ん、誰か誘う?」
「優子は?」
「あっ、いいねぇ。誘ってみる。」
今まで彩と飲んだことは何度かあるけど、必ず第三者を誘うようにしている。
正直自制心を保てる自信がないからだ。
次の日
私は酒類とお菓子を持って彩の家に向かった。
「いらっしゃぁい」
彩が笑顔で迎えてくれた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル