ストーカー

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私はその日学校の委員会があって、カレに先に公園で待っててとメールをしといた。
委員会が終わり、急いで待ち合わせの場所まで行くつもりだった。
でもその途中に、私の人生で@番最悪な出来事が起こる。
私が歩いてる横に@台の車が止まった。
不審に思った瞬間に、A人組みの男が現れ、私を車の中に無理矢理入れようとしてきた。
『ちょっ…何すんのよ!!放してよ!!やめて!!』
と必死に抵抗するが、@人の男が
『うるせェ!!静かにしろ!!』
と、無理矢理私を車に押し込み、動けないよう縛って、目隠しをして口を塞いできた。
『カレに合わなきゃいけないのに…誰か助けて!!』
と思ったが、思ったところで助かるハズがなかった。そ
して車はどこかに向かって走り出した。
15分くらい車は走り、そしてどこかに止まったようだ。
私は降ろされ、目隠しを外された。
周りを見渡すと、普通のマンションがあった。
そしてマンションの最上階に連れてかれ、部屋に入れられた。
男A人組みは私を縛ったまま床に座らせた。
男たちは何やら会話をして、@人が出ていった。
どうやら帰ったらしい。
そして私は残った男とA人きりになってしまった。
『へへッ…これからが本番だぜ』
と男は豹変したかのように言う。
男の目はいかにも何かを企んでいる目だった。
私はガタAと震えて、すでに泣いていた。
『おいA、怖がるなよ。何にも怖い事はしないからよ』
と、どこか別の部屋に行ってしまった。
私はこのチャンスを逃さないと、縛られた縄を取ろうとするが、全然ほどけない。
せめてカレに連絡を取ろうと、カバンから携帯を出そうとすると、
『おやッ??彼氏にでも助けを求めるのか??無駄だよ』
とあざ笑うように私のカバンの中から携帯を取りあげた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル