ストーカー

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
『あァ…ん!!あァ…あァ…ダメぇ…』
と弱々しく抵抗するが、男は次に、持って来たバイブを私のべしょAに濡れたま○こに、パンツの上から当ててきた。
『んん…あァあァ…ハァ…あァん』
と、私はもう理性がほとんどなくなっていた。
早くバイブを挿れて欲しかった。
男はバイブの威力をマックスにし、パンツの上からグリAと動かす。
最初は必死にこらえたが、我慢出来ず、
『あッ…あァァん!!あァあァ…んあァん…』
そして男は、私のパンツの隙間からバイブを挿入して、最初はゆっくりバイブを動かし、徐々に動きを早めていく。
『あッ…あッ…!!あァァ!!あァん!!イくぅぅ…!!』
私はバイブでイってしまった。
ま○こからは、愛液が太股をつたってたれている。
『イイ声だったねェ…今の姿もちゃんとカメラで録画しておいたよ』
録画??写真じゃないの??と放心状態になりながらも疑問に思い、部屋を見渡すと、ビデオカメラを見つけた。
『こんなのあったんだ…』
と私は心で思っても、そんな気にしなくなっていた。
もうこの男に私は完全に支配されてしまった。
早く次の事をして欲しくてたまらなかった。
『じゃあ今度は、パンツも取ってスカートだけになろうか』
と男は私のパンツを取った。
そして私のパンツを男は大事そうにつかむと、
『ここにキミのま○こが当たってたのかァ…ここだけすごい湿ってるねェ』
と男は匂いをかいだ。
『キミのま○こはまだ濡れてるねェ、すごいよキミは』
と男は私のま○こを軽く触って、
『じゃあ、またバイブでイかせてあげよう』
と言い、違う種類のバイブを持ってきて、べしょAに濡れている私のま○こにまたバイブを挿入してきた。
『あァ…!!ダメ…またイっちゃうぅぅ!!』
と絶頂寸前に、男は追い討ちをかけるかのように、バイブを激しく出し入れしてきた。
----------------
<< <[*] 4 5 6 7 8 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル