ストーカー

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
『あァあァ…あァァん!!ハァ…あァん、あァァ!!イく…イちゃうぅぅ!!あァァァん!!』
とA回目の絶頂。
男はバイブを抜くと、私のま○こはピクAしていた。
ま○こからはまだ愛液が流れる。
『すごいよォ…そんなに気持ち良かったんだね。ま○この汁がたくさんだ。なめて綺麗にしてあげなきゃな』
と男は私のま○この下に座り、ま○こをなめ始めた。
イった後なのに、すぐに感じてしまう。
『ハァハァ…やめてよもォ…あァ…帰してよ…あァん…やだァ…』
と言いつつも、まだまだHをして欲しい私がいた。
『じゃあ最後に、挿れてあげるよ』
と男は、私の手足を縛ってたロープをほどき、体を自由にしてくれた。
そして一気に男は自分のあそこを私の濡れたま○こに挿入してきた。
私は抵抗する事なく、それを受け入れてしまった。
『あァん…あァァ…ハァハァ…もっとしてェ…』
と私はもう、頭の中には性欲しかなかった。
男は激しく腰を振り、私も壊れるくらい腰を動かす。
『あァあァ…あァァん!!あァァ…ん、また…イっちゃうぅぅ!!あァ!!』
と私はイってしまい、男も私に中出しをしてイった。
こんな知らない人とHをしてしまった。
カレに申し訳ない気持ちが徐々に込み上げてきて、泣いてしまった。
男は満足そうな顔して、
『よし…今日は帰してやろう』
と言った瞬間に、私の携帯が鳴った。
カレからのメールだった。
男は
『今日は彼氏とでも遊ぶつもりだったのかい??』
と私に聞くと、私は正気を取り戻し、慌てて帰ろうとした。
しかし男が
『待て…そこまで送ってあげるよ』
と言ったが、これ以上この男といたくない私は、制服を着ようとしたが、ブラとパンツがない事に気がついた。
----------------
<< <[*] 5 6 7 8 9 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル