アイ

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
急もあって今回はシングルの部屋が空いてなくてツインのシングルユースだった。
唇を離すとアイは片方のベッドに肩からLOUIS VUITTON のバックを下ろした。
俺は我慢が出来ずに空いてるベッドにアイを横たえた。
そして俺もアイに並んで横になって
『初めて会ったのに部屋まで来てくれてありがとね、本当に俺なんかといいの?』
すると
『Tさんこそススキノにはよく来てるみたいだし飲み慣れてる感じもしたから、もしかしたらススキノに決まった子とかいないの?逆にこっちこそ私でいいの?』
その言葉が合図だった。
俺はまたアイにキスをした、
そのまま服の上からアイの胸に触れると想像した通りブラの下には小さな膨らみしか感じられない。
しばらくその感触を愉しんだ後、俺の手はアイの膝から上に、細いが張りのある太モモからスカートの中へと進んでいった。
そしてまた小さく薄い生地のパンティーの上から、アイのアソコを刺激してみようと手がそこに行き着いた時、俺は瞬間だが絶望感に襲われアイに問いかけた
『アレなの?最後までは無理?』
すると
『Tさんが嫌なら仕方ないけど、もう終わりかけだし念のためにナプキン着けてるだけだよ』
との返事
『アイがかまわないなら俺はやっぱ最後までしたいな』
『うん、しよ!』
俺は急にまた元気になって、同時にまた俺の中の悪魔が
『じゃあ、どっちみちゴムも持ってないし生理なら中で出しても平気だよね?…なんてな!』
一瞬の間の後
『うん、大丈夫だよ!Tさんも病気持ってないよね?』
俺は重ねて
『じゃあ俺も歳だし飲み過ぎでイマイチ元気も足りないから、病気なんか無いのも確かめながらアイの口で元気にして』
と言うと
『あんまり自信無いけど…』
そして信じられない速さで俺は自分が全て脱いでアイの着ているものを脱がせていく、
Tシャツ、スカート、ブラそして最後の一枚。
アイは俺に身を任せたまま少し照れ臭いようだ。
さりげなくチェックしたが脇は臭いも無く、無毛かと思うくらいキレイだったし、最後の一枚を脱がせる時もナプキンはシミの一つも無かった。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル