高校最後vol.4

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
大学入試の面接で試験官に私は犯された後、学校にしばらく行けなかった。
先生にどんな顔して会えばいいの…?
先生は毎日心配してメールをくれた。
「A子?試験どうだった?」
「A子、お前、最近学校来ないけど、どうした?」
「A子、どうした?何かあったのか?返事くれ。」
大好きな彼からのメール…本当なら、すぐに返事したくなる…でも、私の中に、あの脂ぎった男達の黒光りする物が入ったから…こんな、キタナイ女、誰が好きになるんだろう。私は、暗い部屋で一人考えていた。
ピーンポーン
家のチャイムが鳴った。そっと窓から外を伺うと、先生がいた…息が詰まりそうだった。今すぐ彼の胸に飛び込みたかった…
「A子!H先生がお見舞いに来て下さったわよ。顔くらい見せなさい。」
「やだ。」
「何言ってるの。先生、あなたのこと心配して、わざわざ来て下さったのよ。ご挨拶くらいしないと失礼でしょ。」
「やだって言ってんじゃん!帰ってもらってよ!」
「A子!いい加減にしなさい!」
「あ、お母さん、いいですよ。」
「すみません。この子、受験が終わってずっとこんな調子なんです…」
「そうですか…まぁ、今日はA子さん、調子が悪いみたいだし、また、日を改めて参ります。」
彼は最後に、私の部屋をノックし、「また来るよ。」と言って、帰って行った…涙が止まらなかった。心の中でごめんなさい、先生。と何度も言った。
彼は、毎日毎日私の所へ来た。毎日、私の部屋の前に来てはノックして、話しかけた。でも、心の隅で彼に迷惑なんじゃないか、義理の優しさなんじゃないかと不安になった。
そんなある日、彼がまたうちに来て、私に話しかけた。
「A子!でかしたぞ!大学合格だ!」
私の背筋が凍った。
「おい!もうこれで、不安がなくなったろ!一度俺に顔見せてくれよ!」
「やだ。」
「何でだよ。一緒に合格証書見よ。入るぞ」
彼は、いきなりドアを開け、入って来た。
「やめてー!助けて!お母さん!追い出してよ!」
しかし、母は出かけていた。私は、パニックになり、部屋のありとあらゆる物を彼に投げた。
「A子、落ち着け!俺だ!」
彼は、私を羽交い締めにした。彼の腕が、あの試験官らの腕に見え、あの時の場面がフラッシュバックしてきた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル