近所の病淫

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私はここ最近ずっと体に怠さを覚えていた。
体に怠さを覚え始めて2週間がたち、病院に行った。
近所の小さな病院だったので30代くらいの若い医師と看護士の二人だった。
私が病院を訪れたのが3時頃だった。
「今日はどうされました?」
「なんだか最近体が怠くって」
「そうですか、では見ますので服を上げてもらえますか?」
「はい」
聴診器が胸辺りを這う。
「はい、いいですよ。次に喉を見ますので口を大きくあけてください。はい、あーん」
「あーん…」
「はい、いいですよ。熱はどうですか?」
「微熱がでたり、戻ったりって感じなんですけど」
「そうですかぁ。今の所なんの異常もみられませんねぇ〜。」
コンコン。カチャッ。
突然ドアが開き、
「先生、失礼します。あの、そろそろ、、」
看護士がドアのところから医師に話し掛ける。
「あー、もうそんな時間か!お疲れさん」
「お疲れ様でしたぁ」
看護士は嬉しそうに部屋を後にした。
時計は4時半をさそうかとしていた。
医師は私のカルテに目を戻し
「そうですねぇ〜、妊娠の可能性などはないですか?」
「ないです」
速答できる自分が悲しかった。
そう私はもう1年彼氏がいないのだ。
「そうですかぁ。失礼ですが性関係は持たれたことは?」
私は質問の意図がわからず困惑してしまった
「え?どうしてそんなこときくんですか?」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル