近所の病淫

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「最近、新しい性病が発見され、それに感染した人が体が怠い、微熱があるなどの症状を訴えているんですよ」
「え?そうなんですか?一応経験はあります」
「失礼ですが、関係を持たれた人数は?」
医師はカルテにさらさらと私が話した内容を書いていく。
私はなんの疑いも持たずに聞かれたことに対して返していく。
「3人です」
「ほぉ。あなたくらいの年代の人にしては少ないですねぇ。その人達とは避妊はしっかりされました?」
「はい」
「毎回ちゃんとですか?」
「あの…数回しなかったことが……」
「そうですかぁ。でしたら感染している可能性もありますね。少し待っていていただけますか」
「はい」
医師は立ち上がり、診察室から出て行き、外で何やら物音がしていた。
2、3分がたち、医師が戻って来た。
「お待たせしてすみませんでした。お話した性病のことですが、今日でも検査できますがどうしますか?1時間もかからないかと思いますが」
「うーん。じゃあお願いします」
「わかりました。では、ちょっと部屋を変えますのでついて来て下さい」
医師について部屋から出ると玄関等が全部閉まっていることに始めて気付いた。
「先生、病院もう閉まっている時間なんですか?先生にも迷惑ですし、検査はまたでいいですよ」
「そうですか?私はいいですが性病はいつ発病してもおかしくないものですが大丈夫ですか?」
「発病…それは嫌ですね」
「でしたら今のうちに検査をすることをお勧めします」
そういって医師はまた歩き出した。
一番奥の部屋の前で立ち止まりドアをあけた。
そのドアは他のドアより頑丈そうだった。
部屋にはベットがあり、半分はカーテンで区切ってあり、なにがあるかわからなかった。
「ではそこのベッドに上着を脱いで座ってください」
私は上着を脱ぎ、ブラウス姿になり、ベットに座った。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル