近所の病淫

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私の体はビクッと反応した。
「大丈夫ですか?ここですか?」
そういって少し強めに陰部を押す。
「んぁっ…」
私は堪らず声を漏らしてしまった。
「ん〜ここが腫れてますねぇ〜」
私のクリ〇〇スを触りながらそういう医師に私は恥ずかしくなり足を閉じてしまった。
「あれ?足を閉じたら検査出来ませんよ。これから少し他の検査もするのでちょっと失礼しますね」
私の左足を持ちコツコツっと歩く。
カチャッ…足に抵抗ができる。
「先生?なにをなさってるんですか?」
「ちょっと抵抗があるかもしれませんが検査を進行させてもらうために少し固定させてもらいますね」
右足も同じように持って行かれカチャッと音がする。
足がなにかに引っ掛かって動かない。
「じゃあ始めますね。」
陰部を指でなぞり動かす。
「なんだか濡れてますね。病気の特性がでてきたようですねぇ。じゃあ少し中の検査をしますね。少し抵抗あるかと思うんですが我慢してください。辛かったら言ってくださいね」
パンツの脇から手が入りなにかが膣の中に入ってくる。
医師は膣の中にロータリーを入れる。
「んぅ〜…これ、なんですか?」
「中を調べる機械ですよ。少し動きますよ」
ウィーン…
「やっ…あっ……」
「どうしました?辛いですか?」
「あっ…これって…本当に……機械…ですか?」
「そうですよ。ほかになんだと思うんですか?」
「い、いえっ…(バイブの感覚が…」
「少し強くしますよ」
ウィーンウィーン
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル