[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私は小学六年生。
成長期なので体が大人になっていく。
もちろん女と男がすることなども。
「はぁあ〜受験勉強なんで大嫌い、、、」
私は一人つぶやく。
しかも最近父と母が仲が悪い。
「お風呂入っていい?」
と尋ねると
「お父さんがでたらね。ところで勉強してるの??」
「うるさいなぁ!してるよ!」
父がでた後に私もはいり子供部屋にいくと父が全裸で机の前に座っていた。
「お父さん!?」
「お前勉強してないじゃないか!早くしろ!」
「はっはい!まだ服着てな、、、」
言いかけた時
「早くこいっ」
父はかなり怖い。
わたしはそのまま父のとなりにキャミソールに似たうすいシャツをきただけでいった。
パンツを着る時間がなかったのだ。
「ほら!すわれ!」
「へ?」
父は自分の膝を指差す。
私が驚いた。
私達はおたがい下着をはいていないのだ。
しかたなく座る時初めて男のあれをみた。
父のものは太くでかかった。
私は父の膝にすわりひたすら問題をといた。
たまにあたってしまうあれをきにしながら。
「ん?お前姿勢わるいなぁ」
といいニヤリと私の腰を持ち上げもう一言。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル