お屋敷のメイドvol.1

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「雫、頑張るんだぞ…」
「はい、お父様…」私は大手企業の社長の娘、雫。
私はこれから、親元を離れ、ある人の屋敷に向かう。
「すまないな雫…これも会社の為なんだ。わかってくれ…」
「もちろんです、お父様。私はこれから、アキラ様の為に生涯尽くすつもりです」
「ホントにすまない…。だがアキラ君はとてもイイ子だ。それに、メイドの子は他にもたくさんいる。その子達と共に、アキラ君に尽くしてくれ」
「はい、お父様」
私はこれから、『アキラ』と言う人の屋敷で、メイドをする事になった。
これには理由がある。
企業同士でのパーティーの時の出来事だった…。
「これより、我がグループが新たに発足した事を祝って、乾杯!!」
私の父が新たに企業を発足させた事により開かれたパーティー。
その席に『アキラ』と言う人が同席していた。
「おォ、アキラ君!!久しぶりだな。お父さんは元気かね」
「お久しぶりです社長。父は今も尚、企業を広げようと必死に働いています。僕もその手伝いで大変ですケド…」
「そうか。お父さんは元気にやってるか。君のお父さんとは昔からの付き合いでね。彼が辛い時は私が支え、私が辛い時は彼が支えてくれた。私と彼は、そんな間柄なんだよ。もちろん、今でもそうだがな」
「はい、父もよく社長との昔話をよく僕にします」
「そうか。…すまないが、君に頼みがあるんだ…」
「何でしょう」
「実は…このパーティーは形だけなんだ。私はこの前、事業でとんだ大失敗をしてしまった。このままだと私の会社が潰れてしまうかもしれないんだ…。だから賭けとして、新たにグループを発足させたんだが、やはりバックアップが欲しい…。どうか君の方からお父さんに頼んでくれんか??」
「…わかりました。父に話してみます」
「おォ!!ありがたい!!頼むぞ、アキラ君。そうだ、雫には会ったかね??」
「雫??誰です??」
「私の娘だ」
「娘さん??社長に娘さんがいらしたんですか」
「そうなんだ。こうゆうパーティーに来させたのは初めてなんだ。ほらっ、あれが私の娘だ」
「…お綺麗ですね。さすが社長の娘さんだ」
「あァ。自慢の娘だ。じゃあ、お父さんによろしく頼むよ、アキラ君」
「はい」
このパーティーが、私と『アキラ』の初めての出会いとなった。
そして、数週間が経ち、『アキラ』が私の父の所に訪ねて来た。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル