お屋敷のメイドvol.1

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ははッ、イイよそんな無理しなくて。アキラでもイイのに」
「ぼっちゃん!!」
執事が怒鳴った。
「おっと…そうだったね。ゴメン。きちんとしなきゃいけないんだった。父によく、身分の区別はハッキリするよう言われてるんだ」
「そうですぞ!!アナタ様がこの屋敷の主である為、メイドに呼び捨てにさせるなどいけません!!」
「わかったよ。じぃ、そんなに怒んないで」
「ぼっちゃんには厳しくと父上様からは言われております!!」
「父さんは堅すぎるんだよ。もっと楽しくいこうよ」
「なりませぬ!!」
「はァ…わかったよ。ゴメンね。さッ、どうぞ中へ」
「はい…失礼します」
私はこれからどんな生活を送るのか、想像つかなかった。
「今日から新しく入った雫さんだ。みんな、よろしく頼むね」
「はい。御主人様」
「わァ…すごい。メイドの服ってあんな格好なんだァ。緊張するな〜。似合うかなァ私に」
「はい、雫さん。アナタの服」
「あッ、ありがとうございます…御主人様」
「ははッ、そんな緊張しなくてイイよ。全然キツイ事ないから大丈夫だよ」
「はッ、はい」
「この人ホント優しそうな人だな〜。怖い人だったらどォしよォかと思った〜…」
「よし、みんな。新人をこれからビシビシ鍛えてやってくれ」
「はい、御主人様」
「えェ〜!!キツイ事ないって言ったじゃんさっき〜!!」
私は心の中でアキラに訴えた。
そしてアキラは執事をつれ、自分の部屋に戻って行った。
「さァ、みなさん整列!!」
「はい」
「私がこの中で一番偉い奥田です。雫さん、アナタは一番下ですので、ここにいるメイド全員が先輩ですよ??」
「はッ、はい!!わかりました!!よろしくお願いします、先輩方!!」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル