お屋敷のメイドvol.2

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「…作家??そうだ!!この人、本を出版してる人でもあっったんだ!!忘れてたァ…下手に掃除したら怒られるかなァ…」
私は迷っていると、アキラは目を覚ました。
「ハァ…良く寝た〜。あッ、掃除終わった??」
アキラが私の方を見ると、私は焦ってどうしたらイイかわからなかった。
アキラの言いつけ通り、寝てる間に掃除を終わらせる事が出来なかった。
「あッ、あのォ…御主人様…」
「どォしたの??」
「…申し訳ありません!!掃除の方がまだ…すいません!!罰ならいくらでも…!!」
「終わってないの??そっか。イイよそんな。言ったしょ??堅い事はなし!!気楽にいこうよ。楽しく!!ね??」
アキラは私を慰めるように笑った。
「御主人様…本当に申し訳ありません」
私はちょっと泣きそうになりながらも、アキラに深く頭を下げた。
「ほらっ、顔あげる。僕は泣いてる女の子が苦手なんだよ」
「すいません…」
アキラは私の頭を優しくなでた。
男の人に頭をなでられるなんて、初めてだった。
でも頭をなでなれたら、なんとなく幸せな気分になった。
「ホントにすいません…あの、机の方はどのように致しますか??」
「机は…その辺にころがってる紙くず捨てるだけでイイよ」
「はい、御主人様」「ゴメンね、散らかってて」
「私達メイドは、掃除をするのが仕事ですから。御主人様は何も気になさらないで下さい」
「悪いね。ホントはメイドさんにこうやって部屋掃除させるのってあまりイイ気はしないんだ。何か悪い気がしてさッ」
「御主人様はとてもお優しいですね。私達はとても幸せです。御主人様のようなお優しい方に仕える事が」
「そうかな??ありがとォ、雫さん」
「とんでもありません、御主人様。えっと…これでお部屋の掃除は全て終わりましたが、後は何かないでしょうか」
「そォだな〜。もォ夜遅いんだケド…夕食たべないで原稿書いてたから、お腹すいちゃった」
「では、すぐに御用意致します。何をお召し上がりますか??」
「えっと…じゃあ、イタリアン。おまかせで」
「かしこまりました」
私は、昔から母とよく料理をしてたので、腕には自信があった。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル