お屋敷のメイドvol.2

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「わァ…みんな素敵な人ばっかり。大丈夫かな私…」
「大丈夫だよ…深く息を吸って深呼吸」
アキラが私の耳元でささやいた。私は言われた通り、深呼吸をした。
「よし、じゃあ中に入ろう。そろそろパーティーが始まる」
「はい、御主人様…あッ…」
「今日は、『御主人様』って言っちゃダメだよ。『アキラ』って言うんだ。わかった??」
「わっ、わかりました、アキラ…様」
「『様』もダメ!!呼び捨てにするんだ」
「わかりました…」
「じゃあ、しっかり頼むよ??」
そしてアキラと私はパーティー会場に入った。
そしてパーティーが始まった。
「これからは、いろんな人が話しかけに来るから、落ち着いて、僕の恋人のように周りに振る舞うんだ」
「はい…わかりました」
すると、ある女性がアキラに近付いて来た。
「あら、アキラさんじゃない。お久しぶり。元気してた??」
「お久しぶりです、中山さん」
「あらッ、アナタ恋人が出来たの??」
「…初めまして。雫と言います」
「へェ…アナタがあの雫さん」
「…??私の事知ってるんですか??」
「ちょっとね」
アキラはこの女性と少し会話をして
「では、失礼します」
アキラはその場を離れた。私もついて行こうとすると、さっきの女性に
「アナタ…あの人の屋敷でメイドしてるんですって??噂になってるわよ??お父様の為に親元を離れてメイドになったって。アナタも大変ね〜、そんなお父様の娘で」
女はいかにも嫌味っぽく言った。
「…失礼します」
私は何も言わず、アキラの後をついて行った。
----------------
<< <[*] 4 5 6 7 8 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル