お屋敷のメイドvol.3

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
どれくらい眠っただろォ…私は目を覚ますと、ベットの上にいた。
「ここは…あッ、この部屋の匂い…アキラの部屋の匂いだ」
辺りを見渡すと、誰も部屋にいなかった。
「あッ、起きた??」
アキラがやって来た。
「相当疲れてたんだね。車の中で寝てたんだよ??」
「えッ、私ったら…ごめんなさい、御主人様。あの…着替えてもイイですか??」
「あァ。イイよ」
アキラは部屋を出た。
「寝ちゃったんだ私…気付かなかった。あんなすごいパーティーに行ったら、やっぱり疲れちゃうよォ…」
私はメイド服に着替えた。
「やっぱりそっちの方が雫さんらしいよ」
「えッ、あの…」
アキラはそう言うと、いきなり私に近付いて来た。
「新人だった君をなぜ僕の部屋のメイドにしたか…教えてあげようか」
「えッ、教えてくれるんですか…??」
アキラは急に私を抱きしめた。
「ちょっ…御主人様…」
私はアキラの急な行動にビックリして、目をつぶってしまった。
でも、アキラの体からは、イイ匂いがする。
「…ずく…しずく…雫!!」
「…誰??この匂い…アキラ??」
私は目を覚ました。
「もォ、全然起きないから心配して見に来たよ〜。早く着替えて」
先輩が私を起こしに来た。
もォ夕方になってた。私はどうやら、夢を見ていたようだ。
「夢か…ビックリしたァ…。でも、あの匂いはアキラの…」
私はメイド服に着替えよォとすると
「わかった…これだ。私のメイド服はアキラの部屋の匂いがするから、あんな夢見たんだきっと…。でも、どォして自分の部屋にいたんだろォ…。パーティーが終わってから車に乗った後の記憶がない…」
私は思いだそォと考えてると、アキラの呼び出しがかかった。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル