お屋敷のメイドvol.3

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ハァハァ…頭の中が…真っ白になりました…」
「そうか…そんなに気持ち良かったか。良かったね」
「はい…」
「さッ、おいで。抱きしめてあげる」
「はい…御主人様」
二人は抱き合う。
もう絶対に離れたくない。
離れられない。
「さっきのが気持ち良くなるって事なんですね。とてもすごかったです。でも幸せでした」
「僕達がやってる事は、お互いが幸せになる事なんだよ」
「そうですね…御主人様…。あの、もう一度してくれませんか…??」
「もちろんだよ、雫…」
「今度はこうゆう風にして下さい」
私はアキラを仰向けに寝かせ、アキラの顔に腰を下ろし、自分のマ○コをアキラの口につけた。「お願いします…御主人様…」
「雫…ずいぶんと大胆だね。でも…最高だよ。僕は雫の脚やマ○コは大好きなんだ。君の太股は特に好きだよ」
「恥ずかしいです御主人様…でも、御主人様が嬉しいなら、私も嬉しいです」
「うん。雫の太股とマ○コに…埋もれてるみたいだ。すごい幸せ」
「私もです…。なんだか、こうしてると腰が勝手に…」
私は無意識に腰をふり始めた。
アキラは舌で私のマ○コをなめる。
「あァ…あァん…ハァ…あァあァ…気持ちイイ…」
「僕も…雫の太股が頬をこすって最高だ。それにびしょびしょに濡れたマ○コも…」
「あァあァ…また感じてきた…あァん…んん…あァ…御主人様ァ…」
私は腰をふり続ける。
「雫…僕のもなめてくれ…」
「はい…御主人様…」
私は向きを変え、69の状態になった。私のマ○コからは絶え間なく愛液が流れ出る。私は腰をふりながらも、アキラのアソコを触り続けたり、フェラをした。
「雫の口の中に…僕のアソコが包まれてる…気持ちイイよ」
「私もです…御主人様ァ…」
アキラは気持ち良くなりすぎたのか、舌の動きを止めた。私は無心にフェラをする。
----------------
<< <[*] 8 9 10 11 12 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル