お屋敷のメイドvol.3

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ヤバイ…そろそろ出そうだ…」
「イイですよ…早く出して下さい。飲みますから…」
私はそう言うと、さっきより丁寧にフェラをした。
「うっ…ヤバイ…あッ…」
アキラは出してしまった。私は出た瞬間、すぐに飲み込んだ。
「ごほ…うっ…苦い…」
「ゴメン!!大丈夫か!?雫!!」
「ハァハァ…大丈夫です…なんとか…」
「待ってろ…水を持って来る」
アキラは急いで水を持って来た。
「ちょっと無理させたな…少し休もう」
「はい…精子って、こんな味がするんですね」
「あァ。普通は飲めるようなものじゃないんだ」
「でも今日は…特別です。私の誕生日でもあって、御主人様が私にプロポーズしてくれたから…」
「雫…」
「ハァハァ…御主人様…これが私なりの返事です。受け取って下さい」
私は仰向けになり、脚を広げた。
「雫…大丈夫なのか??お前はまだ…」
「はい…処女です。でも私は、御主人様を愛しています。だから、どんな痛みにも耐えます。この痛みを耐えた後は、幸せが待ってるはずです。そうでしょう??御主人様…」
「…あァ。そうだな。幸せになろう…雫…」
アキラはそう言うと、ゆっくりとアソコを挿れて来た。
「うっ…!!あッ…!!」
「頑張れ…雫…」
そして奥までゆっくりと入ってきた。
「よし…動かすぞ…これはホント死にそうなくらい痛いからな」
「はい…御主人様の為に…頑張ります…」
アキラはゆっくりと腰を動かし始めた。
----------------
<< <[*] 8 9 10 11 12 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル