お屋敷のメイドvol.3

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「御主人様…私はこの屋敷で働く事を幸せに思います。最初は親元を離れるのは不安でしたケド、私はそれで、愛する人に出会えた」
「雫さん…イヤ、『雫』」
「はい…」
「僕と…結婚してくれ…」
「えッ…??」
アキラはそォ言うと、私を抱きよせキスをした。
私はその瞬間、体の力が抜けた。
思わずキスに夢中になった。
人生で初めてのキス。
それも、一番愛してる人と…。
アキラは私の体を優しく撫でながらキスをする。
徐々にキスが激しくなる。
アキラの舌が入ってくる。
私も自然とアキラと舌を絡める。
「んん…ハァ…御主人様…」
アキラはキスをしながら私の頬を触り、脚を触ってきた。
「あッ、あん…御主人様…」
アキラは私の脚を優しく撫でまわす。
そしてアキラは私をベットへつれていった。
アキラが私を優しくベットに倒す。
「愛してるよ…雫」
「私も…御主人様」
アキラはキスをしながら、メイド服の上から私の胸を揉む。
「ん…あッ…あァ…あァん」
私のマ○コはだんだん濡れ、乳首も立ち始めた。
そしてアキラは私の服をゆっくりと脱がしていき、ブラを外した。
アキラは丁寧に私の胸を揉む。
「柔らかいね…雫の胸は」
「そんな…恥ずかしいです…あァ」
私はこんな事は初めてだが、体が自然と反応してしまう。
アキラはだんだん強く私の胸を揉み出した。
----------------
<< <[*] 4 5 6 7 8 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル