お屋敷のメイドvol.3

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私はくすぐったく感じながらも、アキラの手つきに溺れた。
くすぐったいが、逆にこうゆう触り方が一番イヤらしい。
私は体をくねらす。
「うん…あァ、あァん…あァ…あァん」
自分でも信じられないくらいマ○コは濡れていた。
「御主人様…私のアソコも…いじって下さい…」
「イイよ…」
するとアキラは、すぐにマ○コは触らず、マ○コのまわりを撫でた。
「あァ…御主人様…そんな事されたら…余計濡れちゃいます…」
「ホントだ…今にも流れ落ちそうだね。雫はそんなに感じてるんだ。イヤらしいね」
「違いますよ…あァあァ…御主人様に…イヤらしくされるんです」
私は弱々しく言った。
そしてついに、アキラの手が私のマ○コに触れた。
「じゃあこれから…イかせてあげるよ」
「…お願いします」
アキラは、最初は優しくマ○コをいじってきた。
「あァん…あァ…ハァハァ…気持ちイイです…あァん」
「まだまだ…こんなんじゃないよ」
アキラはそう言うと、私のクリトリスをいじり出した。
「ほら…これなんか雫の胸と同じように立ってるよ」
「あァ…それはダメです…あァあァ…あァん…」
私のクリトリスは勃起していた。
「こうゆう風に立ってると、なめたくなるんだよね…」
アキラは私のマ○コに顔を押し当てた。
そして舌を器用に使い、私のマ○コをなめ出した。
「あッ…あァ…ダメ…あッあッ…!!」
そしてアキラは、勃起した私のクリトリスを指と舌を使い分け、激しく責めてきた。
「あァ!!あァァ…ハァハァ…気持ちイイ…!!御主人様ァ…!!あァ…!!」
アキラは私がイく寸前でクリトリスを責めるのを止めた。
----------------
<< <[*] 6 7 8 9 10 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル