〜儀式〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
その直後、ドスンと言う音がして、またその直後に声が聞こえた。
「いった〜い…。」
若い、それもかなり若い女の声だ。
黒い霧はやがて散り、魔法陣があった辺りに尻をすりすりと擦った涙目の黒いマントを羽織ったような服を着た、年の頃は16〜8くらいだろうか、女の子が居た。
「君は…誰…?」
女の子は僕を見てきっと睨みつけて言った。
「誰って…貴方が私を召喚したんでしょぉ…。」
「へ…?」
「もっと柔らかい地面に召喚してヨ…お尻痛い〜…。」
よく状況が飲み込めない。
えーと、僕は悪魔召喚の儀式をして、それで何も起こらなかったんだよな。
それで、諦めてふて寝をして、そしたら魔法陣が急に暴れ出して、収まったら女の子が居た…と…。
「……。」
僕は女の子の顔をじっと見た。
女の子も涙目のまま僕の顔を見ている。
「えーと…、悪魔召喚の儀式をしてたんだけど…。」
僕はしどろもどろしながら女の子に向かって訳の判らない事を口走った。
「だから私がここにいるんでしょ…。」
腕を組んで、在り得ない事だと思いつつ僕は聞いた。
「君…、悪魔なの?」
「だからさっきからどう見てもそうとしか考えられない状況でしょ…。」
「はぁ…って事は…、僕の召喚の儀式は成功したと…。」
「そうでしょうね、私がここに喚ばれて出てきたって事は…。」
「そうか…、僕は成功したんだ…。」
やっぱり良く状況がイマイチ信じきれてないような、そんな曖昧な返事と言うか、そんな感じの返答をした。
「とにかくとりあえずお礼を言っておくわ、召喚してくれてありがとう。魔界なんて薄暗くてじめじめして面白い所なんて全然無いのよね〜。やっぱ人間界は楽しくていいわ〜。」
女の子は立ち上がって、ぱんぱんとお尻を叩いて立ち上がった。
女の子は真っ黒な髪を腰までまっすぐに伸ばし、裏地が紫のシルクのような真っ黒いマントを羽織って、黒い肌触りの良さそうなつやつやした生地でとても短いスカートのワンピースのような服を着ていた。
靴は先の尖った皮のような物で出来ているブーツを穿いて、背は156cmくらいだろうか、どこから見てもその辺を歩いている高校生のようである。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル