〜邂逅〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
雪の降り頻る12月…。
街頭の灯火が頼りなくちらつく夜。
時計の針は既に頂上を打ち、夜が深まると共に張り詰めるように周囲を支配する寒さが葵の体温を奪ってゆく。
あの屋敷を飛び出してもうどれくらいになるだろう…?自ら身を引き姿を消した筈だったが、主人への想いは潰える事は無く葵の胸を引き裂かんばかりに締め付ける。
-ひと目逢いたい-
そう願ってはいるものの、今更屋敷に戻れるわけも無いと葵は諦めていた。
「葵ッ!!」
不意に自分の名を呼ばれ、ふと我に返り振り返ったその視線の先には、葵が想い焦がれる主人の姿があった。
「ご主人…様…?」
そう声を洩らすと葵はその場に傘を投げ出し、主人に駆け寄った。
感極まった葵は駆け寄った勢いでそのまま主人の胸に顔を埋め、涙を零した。
雄一はそんな葵の肩を優しく抱き寄せる。
「突然いなくなって…どうしたんだ?心配で探し回ったぞ」
葵を抱き締めたまま、雄一は優しくそう語りかけた。
「ごめんなさい…。やっぱりご主人様の事が忘れられないんです…。また…お屋敷に戻っていいですか?」
大粒の涙が葵の頬を伝って落ちる。
「当り前だろ…。もう戻りたくないって言っても連れ戻すからな」
雄一は葵の体をきつく抱き、葵と自分の唇を重ねた。
「僕には、君が必要なんだ…」
葵の目に再び涙が浮かぶ。
雄一は冷え切った葵の肩に自分の外套をかけてやった。
コートは冷えた葵の体を暖かく包み込み、葵の心に至福をもたらした。
「ここは寒い。屋敷にに戻ろう」
そう言うと雄一は葵の肩に腕を回し、二人で歩き始める…。
屋敷に着くと二人は再び、温もりを確かめ合うかのようにお互いの体をきつく抱き締めた。
雄一の腕が上から順に葵の服を剥がしてゆく。
「あの…ご主人様…。本当に、私でいいんですか?」
恐る恐る葵は雄一にそう尋ねた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル