〜邂逅〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
雄一は葵に
「愛してるよ…」
と宥めるように声を掛けた。
「怖くないから…。僕を信用してくれ…」
なるべく葵が怖さを感じる前に気持ちのいい事を教えようと、雄一は葵の胸や秘所を指で刺激する。
雄一の手が葵のブラジャーを上にずらすと、形のいい乳房がぷるんと飛び出した。
「あン…」
乳首を雄一が優しく愛撫すると、小さなそれは徐々に勃起し始める。
「ん…あッ…!ご主人様…キモチ…いいです…」
葵の体は口で言っているのとは裏腹に強張っていたが、雄一に愛撫され快感を感じるにつれて次第に緊張が解れ、在るがままを受け入れ始めた。
雄一は中途半端に着けたままの状態になっているショーツをゆっくりと剥ぎ取ってゆく。
思わず葵は自分の顔を手で覆い隠した。
雄一に見られるのが恥ずかしいのだろう。
「…恥ずかしくなんかないよ。ほら、顔見せて。…見せないなら…」
そう言うと雄一は少し強引に葵の足を開き、口を秘所に近づけた。
「ひぁッ!ダメですッ!!そんな所…汚いですッ!!」
身を捩じらせ抵抗する葵の体を強引に押さえつけ、雄一は葵の秘所にくちづけをした。
少しだけ湿っていた秘所を雄一が丁寧に愛撫するとしっとりと愛液が溢れ始める。
「あっ…はぁ…ぁ…」
初めての快感に葵は声を出して悶え、喘ぐ。
雄一は秘所から臍、胸にかけてを順に舌でなぞっていった。
「くすぐったいです…」
くすぐったい、という感覚は男と女が交わる時には快感へ直結するものだが、まだ慣れていない葵にとっては只くすぐったいだけなのだろう。
雄一はクスっと笑い葵の乳首に舌を当てた。
「ん…」
葵の体が一瞬ビクッと痙攣し、乳首がより硬く勃起する。
「ここは…気持ちいいんだね」
雄一は舌の先で乳首を愛撫しながら、悪戯っぽくそう言った。
葵は雄一のされるが侭に快感に身を悶えさせていた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル