〜邂逅〜

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「うぅン…はぁ…」
雄一に愛撫され、葵は体をくねらせて感じている。
「もう…いいよね…」
雄一がそう言うと、葵の体が一瞬硬直した。
その言葉の意味する事を理解したんだろう。
暫く間を置いて葵がコクンと頷くと、雄一は葵の足をグイと開き、腰を引き付けた。
「力抜いて…」
葵の体はやはり強張ったままだ。
雄一は優しく声を掛け、どうにか葵の緊張を解そうとしている。
「大丈夫…です。お気になさらないで…下さい…」
葵はそう言うが、雄一にしてみれば気にせずにおれるわけがない。
雄一のペニスは葵の秘所に只添えてあるだけの状態だ。
部屋は静寂に包まれ、お互いの息遣いがはっきりと聴こえる。
心臓の鼓動は速度を増し、信じられないくらいはっきりと自分の頭に音が響く。
「少しだけ、我慢してくれ…」
暫く時が止まったかのようにそんな状態が続いていたが、雄一は意を決し、ゆっくりと葵の膣へとペニスを挿入して行った…。
「イ…ッ…あ…!!」
雄一はなるべく痛くないようにゆっくりと挿入していくが、それでも初めての痛みは容赦無く葵を襲う。
痛みで葵の体に力が篭ると更に膣口が締まり、痛みが増してゆく。
「痛い…か?」
雄一は申し訳無さそうにわかり切った質問をする。
「大丈夫…です…。やめないで…ください…」
葵は首を横に振ると、掠れた声でそう答えた。
その言葉を聞くと、雄一はゆっくりと腰を前後に動かし始める。
「ん…ふぅ…ン…!」
雄一が動くと、葵は体を捩じらせ、喘ぎ声を漏らした。
「いい…よ。葵…」
まだキツい葵の膣は、雄一のペニスを強く締め付ける。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル