女子高生に「フルート」ねじ込む

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > エロミルニュース > 時事ニュース > 詳細
----------------
フルート奏者として全国的に名が知れている、山梨県在住のY(32)はその日、自らが指導する、公立高校の吹奏楽部の女子生徒を前に、仁王立ちになっていた。「そんな貧弱な音の出し方でどうするっ? もっと腹に力を入れんかっ!」。あまりにも音楽を愛するYは、勤めにも出ず自営業で暮らしていたのだが、その音楽的感性と演奏技術を見込まれて、9年前の1998年から、地元高校に部活動の「指導員」として招かれていたのだ。

教職員でもないのに、生徒からは「センセイ」と慕われる。面倒な授業を担当することもないので、「出勤」は放課後や、大会前の土曜日曜のみ。しかも、吹奏楽部といえば部員は女子生徒が大半。大会に向けて、あるいは音楽系大学への進学のために練習熱心な女子高生の姿を毎日見ているうちに、Yは次第にムラムラしだした。

「センセイ、どうしてもうまく吹けません…」。演奏技術に不安を感じた女子生徒を、部活動が終わってからも1人居残りさせたY指導員。「お前の音が弱いのはな、エッチをしないからだ。処女なんだろ? ん? 音を聴けば分かる。オレはプロなんだから」。楽器を胸に、顔を赤らめる女子生徒。「わ〜った。オレが力になってあげる。もっとうまくなりたいんだろ? いい音を出したいんだろ?」

こうしてY指導員は、半ば強引に女子高生と「みだらな行為」に及んだ。そしてそれで味を占めたY指導員は、分かっているだけでも吹奏楽部の女子部員13人を、同じように「エッチをすれば音がよくなる」とだまし、部活動後にホテルに連れ出すなどして、行為に及んだのだった。「お前に足りないのは、複式呼吸だ。マスターするために、身体の中を変えるしかない」と、専門家らしい理由もつけた。

「セ、センセイ…こうですか?」。エッチの最中にも腹式呼吸の練習をするケナゲな女子高生。「そ…そうだ。いいぞ。もっとだ」。Yも指導に余念がない。そして、身体が気に入った生徒には、「随分良くなってきたじゃないか。でも、音色を安定させるまで(エッチを)続けないといけないな」と、何度も迫った。Yがあまりにも著名かつ音楽の実力がある(かに見えた)ため、身体を許した多くの女子生徒たちは、疑うことを知らなかったというのだ。

児童福祉法違反容疑でこのほど逮捕、起訴されたY指導員。調べに対し、「演奏に悩む生徒ならば、練習と称して性交できると考えた」とうなだれているという。同高校のホームページを見ると、卒業生の進路として、国立音楽大などの名門大学が名を連ねる。Yの「指導」を受けて合格したのか…。それにしても著名なフルート奏者だったはずのY指導員。年端もいかない女子高生に、自分の「極太フルート」を吹かせたりねじ込んだりして満足していたのだった。

>>時事ニュース
----------------
AV業界プレスリリース| 芸能ニュース| 時事ニュース| 男女エロニュース
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル